自宅でも1人でできる体操を紹介!

 

こんにちは!

押切デイケアの高橋です。11月に入り、朝・晩と冷え込んできましたね。

風には十分お気をつけてお過ごしください。

 

普段の会話やリハビリテーション会議などで、ご本人様やご家族様から「転ばないようにしたい」という声を多く受けます。転倒で何よりも怖いのは、骨折したり痛みがあって動けなくなったりして寝たきりになってしまうことですよね。そのためにも、転倒予防は大切だと私たちも実感します。

 

そこで今回は、ご自宅で1人でもできる転倒予防の体操を1つご紹介します。

内容を載せますので、ぜひ参考にしてご自宅でやってみてください!

 

 

『棒体操で転倒予防!』

効果:①全身の柔軟性を保つ ②認知症予防(指先や反射神経を使います) ③転倒予防(バランスを鍛えます)

おすすめの方:①パーキンソン病で身体が動かしにくい方 ②姿勢が悪い・猫背と言われる方 ③脳卒中で体幹がうまく動かせない方 ④認知症・加齢・その他身体の不自由な方で日中寝ていることが多い方

 

内容(座って行うこともできます!)

 

 

 

 

 

 

※)引用:白衣のドカタhttps://pt-matsu.com/rod-exercise/

 

注意点

身体を普段あまり動かさない方・痛みがある方は、あまり無理をしないで徐々に行うこと

立って行うことが難しい方は座ってできるところから!

 

 

この体操は「週に2回、6か月続けたら転倒予防に効果があった!」と研究でも発表されています。頻度など参考にしてみてください。

棒は新聞紙をまるめて外側をテープで巻くだけなので簡単です!当デイケアでもグループリハで積極的に行っています!

 

 

 

わからないことあれば気軽にお問い合わせください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA